面白かった事、ペットの事、おいしい物の事などのたかこの日記です。
えりちゃん
2007年11月17日 (土) | 編集 |
この猫はアメリカで大学に行っていた時、うちに来た猫でした。eri-chan

その日はとても寒く、雪が降っていましたので、寒い日が来ると彼女を思い出します。うちのアパートの玄関の前でニャーニャーないていて遊びに来てた友達(裏方さん)が「寒いから入れてあげようよ」というのですが、三日後に冬休みで日本に帰る予定だったので「入れると情がわくので嫌だ」と断ったのです。でも「かわいそうだ、かわいそうだ」というので、その友達が帰るときに外に出すという約束で中に入れてご飯をあげて、あったかいところでしばらく寝させてあげました。友達は帰るときしぶしぶエリちゃんを外に出しました。
それから次の日も来て泣いていましたが、心を鬼にして開けませんでした。でもまた裏方さんが私のところに来ていて、またがニャーニャーないていて、かわいそうだというので、帰るときには外に出すという約束でまたその猫を入れました。しかしなんとその友達が帰るとき「こんな寒い中この猫を外になんか出せない」と言い出し、走って帰ってしまいました。もうボーゼン!もちろん私はこの猫を外に出す事も出来ず、貰い手も探したのですが見つからず、猫好きな私は結局この子を飼う事に。
いなくなったら引き出しを探せで、いつもこんなところで寝ていました。えり3
あごをどこかにちょこんとのせて寝るのが好きでした。
目が宙に浮いている(笑)えり2

大学を卒業してシアトルで就職そしてスポケーンに転勤。その後日本に戻り、二年後にはカナダへ。太平洋を二回も一緒に渡りました。彼女は理由がわからず急に片足を上げニャーニャーなくので、骨でも折ったのかと病院すぐ連れて行き、一日検査入院だといわれ獣医に預けて車で家に帰る途中、病院から電話で至急病院に戻ってきてくれと言われUターン。10分ぐらいでしたが、もうすでに天国に行っていました。急に訳もわからず死んだので、辛かったです。いっぱい泣きました。病理解剖するかと聞かれましたが、エリちゃんが帰ってくるわけでもないのでしませんでした。大好きな猫でした。きっと由美ちゃんと一緒に天国で楽しく暮らしていると思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>急に片足を上げニャーニャーなく

どうしたんでしょうね。とっても気になります。うちにも猫がいるので、そんなに急に天国にいっちゃたら、すごくショックだと思います。今から思い返して、何か前兆みたいなそぶりってあったんですかね。

太平洋を二回も一緒に渡ったんですね。以前は動物も同じ機内に入れたり出来ましたよね。これからは、動物と飛行機に乗るの、ますます大変になっていくんだろうなぁ。
2007/11/16(Fri) 21:36 | URL  | naonao-gogo #-[ 編集]
あー、また胸キュンなお話ですねぇ。
だけど、走って帰ってしまったお友達の話には笑っちゃいましたよ。
やっぱりタカコさんと赤い糸が繋がってたんですね~。
引き出しの中、気持ち良さそう。
うっかりしてたら襟巻きと間違えて首に巻いてしまいそうです!!すっごく可愛い。
2007/11/16(Fri) 22:08 | URL  | クミ #A.K16fmU[ 編集]
えりちゃんは、優しい人にめぐり会えて本当によかった。
最期に温かい環境で天国に逝ったから、
感謝していると思いますよ。
切ないお話ですね。
2007/11/17(Sat) 05:01 | URL  | 茶々ママ #2YkvWYJI[ 編集]
naonaoさん
ひと月まえに同じように片足を上げたので足でもくじいたのかとレントゲンを撮ったんです。その時いつもの獣医さんがいなくて新しい獣医さんが見てくれたので、きっと中からの病気というのがわからなかったんでと思います。見た目も全然苦しそうじゃなかったし、私も血液検査もしたほうがいいなんて思わなかったんです。獣医さんもあまりの突然の死で解剖するかと聞いてくるぐらいですから、本当に何が原因がわからなかったんでしょうね。でも苦しまずに死んだのでよかったと思っています。

クミさん
かわいい猫でした。あんまり人なれしない猫で最初は女王様だったんだけど猫が2匹増え犬も加わり嫌そうでした(笑)どうやって入るんでしょうね?多分ドレッサー後ろの隙間から入っていくんでしょうね。引き出し開けたらいるからびっくりします。声もかわいい猫でしたv-290

茶々ママさん
彼女は野良猫ではなかったようです。手術で獣医に連れて行ってお腹を開けてからわかったんですがもう避妊済みでした。(ごめんよ、えりちゃん)多分学生の町だから、学生の間飼っていて卒業したら猫をそのまま置いていく人とも多かったので、そのうちの1匹だったんでしょうね。
2007/11/17(Sat) 09:21 | URL  | たかこ #erioLFTw[ 編集]
エリちゃん!
v-132 引き出しで、こんなにかわいぃ顔して寝られちゃうと、もぅたまりません v-238
亡くなってもしばらくは、「エリちゃんが帰って来るんじゃないかな?」と思うこともあったかも…。
 本当に、かわイィ猫だったんですね
 v-237
2007/11/17(Sat) 09:34 | URL  | kitcat #SNBUdj4A[ 編集]
Kitcatさん
ふわふわの毛にぱっちりのおめめ。かわいかったです。三毛猫でも全体が薄い色(ピーチとグレイカラー)で珍しい色ねと言われていました。今でも帰ってきてほしいですv-282
2007/11/17(Sat) 11:40 | URL  | たかこ #erioLFTw[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/18(Sun) 21:58 |   |  #[ 編集]
うんうん
茶々ママさんの言う通り、たかこさんと一緒に暮らせて本当に幸せな猫ちゃんだったと思いますよ。

この子が、たかこさんが以前言っていた「一緒に各国を旅した猫」ちゃんだったんですね。
引き出しに入っちゃう姿、可愛いですね。
今も天国で楽しく遊んでいることでしょう(^O^)
2007/11/19(Mon) 01:54 | URL  | にょろ子 #-[ 編集]
もんもさん
了解です。後で遊びに行きますv-291

にょろ子さん
写真いっぱいあったんだけどストレッジにしまってどこかの箱の中。すぐに出せる写真はこれだけだったんです。また面白いのみつけたらアップします。そういえば猫犬バトルもあったな。段々寒くなってきて猫アンカが恋しいです。
2007/11/19(Mon) 16:22 | URL  | たかこ #erioLFTw[ 編集]
覚悟をする間もなくお別れとなってしまったのは
どんなにかおつらかったでしょうね。。
安易に家に入れたりしちゃいけないのは私もわかってますが、ドアの前でニャーニャー鳴かれるのは反則だー(苦笑)。猫アレルギーのわたしでもガマンできずに家に入れちゃうかも。
今頃は、寒さを感じることもないぬくぬくした場所で、きっと楽しくやってますよね^^
2007/11/21(Wed) 08:50 | URL  | ボビ姉 #HuBhO90w[ 編集]
ボビ姉さん
あっという間でした。獣医さんが個室の診察室をあけてくれたので、もうその場から火葬されるので、だっこしながら一時間ほどオイオイ泣いていました。
ボビ姉さん猫アレルギーですか。アレルギーあるのに抑制する注射まで打って猫飼ってる友達がいます(笑)カイルにもそうしてくれと頼んだところ注射打ってもアレルギーが止められませんでした。残念だけどココで我慢?ウメちゃんみたいに大人しく寝てくれたらいいんだけどココはねぇ...(ため息)
2007/11/21(Wed) 17:25 | URL  | takako #erioLFTw[ 編集]
えりちゃん、絶対幸せだったと思います。
寒い中、助けてくれたたかこさんに、いっぱい感謝して旅立ったのでしょう。
たかこさんにも、いっぱい想い出を残してくれたのですね。
これも、たかこさんにとっては財産の一つだと思います。

引き出しに入る時は 自分で開けて入っていたのですか?
私猫さんは飼った事がないからわからないんだけど、
猫さんって そんな事普通に出来るのかしら?
えりちゃんが特別に器用だったのかしら?
それしにても、可愛すぎです。v-10
2007/11/25(Sun) 22:14 | URL  | ねいね #.PIo7KkU[ 編集]
ねいねさん
どうやって引き出しに入ったのかはなぞなんです。いつもちゃんとしめてあるのに引き出しを開けるとそこに入ってるんです。本当にかわいかったですv-290あとドライブも好きだったのでよく一緒に車で買い物に行っていました。みんな笑ってましたけどね。
2007/11/26(Mon) 08:28 | URL  | たかこ #erioLFTw[ 編集]
料理記事UPのご案内
v-132 日本も猫の散歩にはちょっと寒くなってきました。
 とゆーことは、料理記事の出番です。
v-271 ののちゃんより
2007/11/27(Tue) 11:29 | URL  | kitcat #SNBUdj4A[ 編集]
Kitcatさん
いつも美味しい情報有難うございます
2007/11/27(Tue) 19:14 | URL  | たかこ #erioLFTw[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック