面白かった事、ペットの事、おいしい物の事などのたかこの日記です。
Sun Peaks Ski Resort 2
2010年02月27日 (土) | 編集 |
ホテルを出て10歩でゲレンデ
すぐ滑れるから楽でいいねSki

大きいリゾートなのでどのコース滑ろうか
地図見ても分からない
とりあえず真ん中のリフトは一番低い1500mぐらい
雲よりちょっと上の位置Ski

左のリフトは1730mで、そしてさらにリフトを乗り継いで
頂上は2080m。雲もかなり下のほうで、
Selkirk山脈が見えます(ロッキーの一つ手前の山脈)Ski

去年の日記にも書いたけど
カイルは上級のブラックダイヤモンドを滑ります。Ski

私は中級なのでブルー。レベルが違うのでいつも別々に
滑りますが、カイルはせめてブルーでも
難しいほうのブルーコースを問題なく滑れてたら、
一緒に楽しめるのにねっていうけど、
ブルーの上級はブラックダイヤモンドの1歩手前
私に何を期待しているのだろう?
いや、私は自分のレベルで楽しく滑るから~と言ったら
個人レッスン入れといたからっと言うカイル!?
毎日2時間、5日間の個人レッスンスキー
ありがたいんだけどあんまり嬉しくないプレゼント・・・(爆)
先生もね~「ここはそんなに難しくないブルー」とか言いながら
結構な角度。かろうじて滑り終えたら「ちょっと険しかったね。
でも距離は短かったでしょ」とにっこり・・・
ちょっとちゃうやろ~それに結構長かったわ!
だましてつれてきたな!みたいな(笑)

カイルも、頂上行こうっていうから、
頂上のコースは難しいの多いからいややな~と
思ってたら、大丈夫1回滑ってみて、これなら
Takakoもいけると思ったからっていうからさぁ
行ったら、途中でカイルがコースを間違えて、
すごいとこに出てきてね・・・
泣いても誰も助けてくれないので滑り出す私。
険しい坂が延々と続き、ブレイクポイントもない・・・
それでも先生に言われたことを復唱しながら降りていく私。
スピードコントロールがあんまりできないので
4,5回、派手に転びました。
まあなんとか下山。時間かかったけど
カイルは難しいコース頑張ったねって・・・
頑張ったんちゃうわぁ、あんたがだましてつれてきたんやろう
と思ったけど、個人レッスンがここまで上達するとは
ブラックダイヤモンドはまだまだだけど
ブルーの上級はなんとか滑れるようになりました。
カイルちゃんレッスン入れてくれてありがとう

毎日朝はカイルと、昼は先生と、その後はまたカイルと
朝の早くから日が暮れるまでスキー楽しみましたSki
きれいな景色は次の日記で

オリンピックのクイズ参加してねクイズ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
カイルさんすごいですね。
それについて行くたかこさんもご立派\(^o^)/
遭難したらどうするの、と思って読んでいました。

スキーはやったことないけど、子どもの頃の竹スキーで爽快な気持は少し分かります。
カイルさんは早く並んで滑りたいのですね。
2010/02/27(Sat) 05:27 | URL  | 茶々ママ #2YkvWYJI[ 編集]
ブレイクポイント なし…
v-8 何と景色がきれいなこと…   山々が下に見えてますね~ ♪
 スキー旅行… カイルさんのプログラムにはまっちゃたかな~
 トレーニングして上級に(させる-)!
 でもって、厳しいほうのコースに間違えられたら、「エヘヘッ」ですまないですね~
 そんときの画像が見たかったけど、写真どころじゃなかったんだろーなー
 こーゆーときは、後でちょっぴりわがまましても…
 ののちゃん が許しちゃいマス v-364
2010/02/27(Sat) 17:23 | URL  | kitcat #SNBUdj4A[ 編集]
茶々ママさん
e-221カイルのレベルに追いつくのは無理ですe-330
だからほって置いてほしいのです(笑)
でもむこうが一緒に滑りたいらしい。
今回はちょっと上達しましたが、まだまだです。
2010/02/27(Sat) 18:55 | URL  | たかこ #erioLFTw[ 編集]
Kitcatさん
e-221見たときね・・・
これが簡単な中級か?って睨んじゃいました。
カイルもこのコースじゃなかったって焦ってるんですが
まあ、先生の言うことを思い出して
ゆっくり延々と滑り(落ちて)ました。
スピードが出すぎるので、こけてとめないと
それこそまっ逆さまに落ちてしまうので・・・怖かったです。
写真あれば面白かったかも。
でもほんとそれどころじゃなかったです
2010/02/27(Sat) 19:01 | URL  | たかこ #erioLFTw[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック