FC2ブログ
面白かった事、ペットの事、おいしい物の事などのたかこの日記です。
| Login |
2008年11月25日 (火) | 編集 |
真珠(本真珠)現在はほとんど養殖でアコヤ貝を使っている
南洋真珠は白蝶貝を使いオーストラリやインドネシアなど東南アジアで養殖
黒真珠は黒蝶貝でポリネシア、主にタヒチや沖縄で養殖
養殖に使う貝でパールの色が変わる。だからタヒチは黒真珠で有名パール

インドネシア産は白にちょっと黄色みがかかって、パール
オーストラリア産は白にブルーがかっています。
もちろんタヒチ産の養殖真珠には黒以外の真珠も出来ますし、
オーストラリアやインドネシア産も白以外の色が出来ます。
南洋真珠の色の種類パール
アコヤ貝にも様々な色が出ます。一番いい色とされてるのは
白にうっすらピンクがかったものパール
オレンジやパール
メタリックピンクも出ますパール
アコヤ貝の黄色やオレンジの真珠は日本人には
人気がないけど、インド人とかはこの色のほうが好きで、
日本からたくさん買って帰るそうです。
黒真珠はピーコックカラーが一番いい色とされてます
黒のボディーカラーにグリーンや赤、青の色が見られる
まるで囲んでいるはピーコックカラーではありませんが、
それに近い色ですパール

他にもマベパール(半円形の養殖真珠)、パール
淡水パールも養殖されている
コンクパールは養殖が出来ないので天然だが、パール
数は少ないので高い。ピンクの色が強ければ強いほどいい色で、
この炎のようなもようが特徴パール
以前の日記→シェル・カメオ

真珠はコンクパール以外はほとんど養殖。
本物の天然真珠はまだ1度しか見たことがない。形もぼこぼこだった(笑)
天然物は養殖のようにきれいに丸くはならない。
なぜなら養殖真珠はビード(珠)を(マベの場合は半円形)
貝に埋め込み、そのビードに真珠層が取り巻いて出来上がるから。
一回パールを出すとその貝は使い物にならないけど、
淡水パールの貝は又使えるので値段が安い。

真珠のグレードは真珠層の厚さ、色、照り、大きさ,形などで決まります。
あと連鎖パールネックレスはどれだけ色と形が全体的に揃ってるかも
評価にプラスされますパール

お手入れ
1.パールジュエリーは、汗やほこりが付いたままにしておくと光沢が失われ、変色などの原因になります。シリコンクロスなどの柔らかい乾いた布で拭いてお手入れしてください。
2.熱や紫外線で色が変わったりするので、日光のあたる場所や温度の高い場所には置かないように。
3.真珠は酸に弱い有機物なので、プールや温泉に入るときは外してください。真珠層が溶けて光沢がなくなるなど品質が落ちます。
4.真珠は傷つきやすいので、他のジュエリーと触れ合わないよう保管してください
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
ちょっとご無沙汰してる間に ←ゲーセンばっかり行ってる(笑)
たかこさんショートヘアに変わってるv-405
前髪は、だいぶ前に失敗した時より大丈夫(笑)似合ってるよんv-344

引き出しの奥で眠ってた真珠を引っ張り出して見てみたの。
ほとんど黄色やったー☆ ブレスレットだけ、ほんのりピンクの真珠も
混ざってたけど、粒がバラバラって安モンなんだろうなぁ(笑)
2008/11/25(Tue) 19:07 | URL  | 真理子 #fl1/j8Cs[ 編集]
そういえば、南洋真珠もタヒチの黒真珠でもデザインしてたね。
あんな大玉の真珠のジュエリー、身に着けてみたいです。
2008/11/25(Tue) 21:01 | URL  | ゆっきー #-[ 編集]
パールもいろいろあるんですね~
オレンジが好きだな。
パールは素敵、と思うのに、なかなか好きなデザインが
ないんですよ・・・
宝石が似合う人になりたいもんです(^^)
2008/11/26(Wed) 05:52 | URL  | もんも #jgJNn0FY[ 編集]
またまた目の保養をさせていただきました。パールにもいろいろあるんだと勉強にもなったし。このシリーズ、読むの楽しみにしてるんですよ。

ところで「一回パールを出すとその貝は使い物にならない」ってことは、その貝は作業者が晩御飯に刺身とかにするのかな?っとふと思ったのですが、どうなんだろう~。味は美味しくないのかな?
2008/11/26(Wed) 13:53 | URL  | はるぼん #-[ 編集]
気に入ってるならそれが1番よ
v-257真理子さん
ゲーセンのUFOキャッチャーでジュエリーあったらいいのにね。
でも1ゲーム高くなりそうv-356
私は安い物でも高い物でも自分で気に入ってるなら
それでいいと思います。高けりゃいいってもんでもないんですよ。
高くてもへんなのいっぱいあるし。
パールは手入れが大変だけど、末永く身につけて楽しんでくださいね。

髪の毛・・・日本に帰ったときちょうど伸びていい感じになるように切ったの
でも顔は変わらんからね~(笑)
2008/11/26(Wed) 19:24 | URL  | たかこ #erioLFTw[ 編集]
売るのがいやで売らなかった
v-256ゆっきーさん
あれは大玉!南洋のネックレスと黒真珠のリングの事でしょ?
結局デザインして作ったけど売らなかった(笑)
黒真珠の指輪は今でもパーティーとかにしていくと
ほしいと言ってくれる人がいるんだけど、あれだけ大きいのはなかなか
出ないので、今度大玉が手に入るまでは手放しそうにないです。
2008/11/26(Wed) 19:28 | URL  | たかこ #erioLFTw[ 編集]
オレンジかわいいですよね
v-257もんもさん
日本ではそんなに売れないので黄色とかオレンジ真珠は安いんですよ。
けっこうかわいい色なので時々かってイヤリングとか作ってます。
安いと手入れもあんまり気にしなくていいしね。
珠のサイズだけ合えば連鎖でネックレス作りたいけど
なかなかマッチしないんですよ。色も並べると全然違うし・・・難しいです。
2008/11/26(Wed) 19:32 | URL  | たかこ #erioLFTw[ 編集]
食用です
v-256はるぼんさん
楽しみにしてもらって有難うございます。
不定期更新シリーズですが、次はオパールを予定してます。
でもいつになるかはわかりません(笑)

アコヤ貝、黒蝶貝、白蝶貝は全部食用です。
インドネシアやポリネシアではどうやって食べてるか知りませんが、
少なくとも日本の養殖場では、真珠をとったあと煮たり、
串焼きにするみたい。刺身で食べるとは聞いたことないなぁ。
2008/11/26(Wed) 19:36 | URL  | たかこ #erioLFTw[ 編集]
「コンクパール」初めて見ました♪ こんなかわいいパールもあるのですね~
子供の頃、洋服箪笥の上の方の引き出しに母の真珠の指輪とネックレスがありました。
子供の背丈では届かないので、よく台所の椅子を持ってきて母に内緒で眺めてました(^^)
母は宝石なんて高価なモノはほとんど持ってない人だったので、今でもよく覚えています♪
私は今は空けてないですけど、ピアスの穴を空けてた時
パールのピアス大好きでした(^-^)
2008/11/27(Thu) 02:33 | URL  | ナナコママ #sl5OwmeE[ 編集]
パールはどんな時にも使える
v-257ナナコママさん
パールは冠婚葬祭に使えるので、
やっぱり1つはパールジュエリーを持っておくと利用価値はあります。
耳の穴私は何年つけなくても開いたままです。
昔重いピアスをしていたので、穴が伸びたんでしょう(笑)
コンクパールはこちらではほとんど見ないですが、
日本にでは市場に出てます。やっぱり金持ち日本!なのかな?
コンクパールの指輪はものによるけど、50万~100万ぐらいします。
2008/11/27(Thu) 14:42 | URL  | たかこ #erioLFTw[ 編集]
きれい~
 きれいですね~。
お手入れもちゃんとしていればずっときれいなままでいてくれるんですね。

 今度磨こうっと。

コンクパールって、綺麗なピンクで真珠じゃないみたいです。いろんな色があって、不思議です。
v-10

2008/11/27(Thu) 22:37 | URL  | にょろ子 #-[ 編集]
不必要には磨かないでね
汗をかいたり、使った後に拭く程度でいいと思います。
磨きすぎてもいけないんで。
アメリカの鉱石学会では世界中の宝石が卸値ででます。
コンクパールは探してるけどなかなか見つからないので、
今度日本で出物があれば、買って帰ろうかなと思ってます。
安ければね(笑)
2008/11/28(Fri) 14:12 | URL  | たかこ #erioLFTw[ 編集]
宝石は興味のないものだったけど、たかこさんのこのシリーズを見てから面白くなってきました。
メタリックピンク、いいなぁ~♡
黒真珠のピーコックカラーってのも、なんとも言い難い.......
フ~ッてため息だけが出ちゃう。
綺麗はいいね!
2008/11/30(Sun) 15:49 | URL  | ハートママ #-[ 編集]
私もメタリックピンク好きです
南洋真珠のメタリックピンクもあります。
ただ色は安い色なのに、珍しい色ということで
かなり高値で売っていて買いませんでしたけど。
希少価値のある色はメタリックピンクではないので、
そんなに値はつけられないのにね。
2008/12/01(Mon) 08:52 | URL  | takako #erioLFTw[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック