FC2ブログ
面白かった事、ペットの事、おいしい物の事などのたかこの日記です。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
| Login |
2008年04月13日 (日) | 編集 |
今週の金曜日と土曜日はブリティッシュ・コロンビア工科大学の一般公開の日(Open house)で、私達のプロジェクトも展示しました。BCIT12
キャンパスのあちらこちらにInformationブースが設置BCIT2
おおげさだなと思っていたら大間違い。朝の8時半頃からスクールバスで乗り付けてきた小・中・高の生徒達の団体・・・小・中学生は社会見学に、高校生は進学の参考に来ていました。
私達のプロジェクトのポスター。私の写真だけが使われる予定だったのですが、他の人も写っているのに差し替えてもらいましたBCIT3
でもオーブンを開ける姿はこのとおりBCIT4
化学反応薬品を使って土から金銀プラチナだけをを取リ出す。取り出した金を顕微鏡にセットする私BCIT5
みんなこの過程に興味があったみたいで、たくさんの人がとまって、
私の話を聞いてくれましたBCIT6
他にもポリマーの性質を使って子供のおもちゃ(スライム)を作ったりBCIT13
子供に金属の性質をじかにじっけんしてもらったりBCIT
人体に影響を及ぼす気体分析などここには書ききれないほど
たくさんの展示がありましたBCIT17
土曜日は一般の人でいっぱい
受付までさせられる羽目にBCIT15
そしてわがケミカル・サイエンスはほかに2箇所展示場があったので、そこにもお邪魔してきました。以前紹介した
酸素と水素に力でエネルギーを作る装置BCIT
電子が見れる顕微鏡BCIT9
電子を肉眼で見るのは相当な機械が必要なんです。写真には写っていませんが先生の座ってる隣には顕微鏡に映し出せるようにする為の機械(幅1.5m)があるんです。
そして産業フィルターBCIT8
このフィルターの機械は建物の3階部分まで行くほどの高さがあるんです。彼はグレッグ、さぼり魔で有名なのにお手伝いに来たからびっくり!
雨降らなきゃいいけど(笑)BCIT16
お昼ごはんのピザだよBCIT10
裏では先生もこんな顔でお昼ご飯食べておりますBCIT11
他の学科にもちょっとお邪魔しました。
これはリモコンおもちゃBCIT20
こちらは潜水できるリモコンおもちゃBCIT19
産業用ロボットを作っていたのですが時間がなくて見れませんでした本当に山ほどみたいものがあったのに見れなかった[今度来るときは一般のお客でいろんな学科のプロジェクトを見に行こうと思っています。
本当に思ったよりずっと人がきてくれたので
やりがいがあって楽しかったぁ~
学生生活のいい思い出でになりましたBCIT18
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
すご~い!すご~い!!!
普通に学生やってる。

こんな光景は羨ましくもあり、懐かしくもあります。
あ~、学生時代に戻りたくなってしまった。
2008/04/13(Sun) 04:19 | URL  | ハートママ #-[ 編集]
日本的に言うと、とっても真面目な学園祭、って感じなのかな? 準備とか大変だったろうなぁっ想像しました。でも結果、楽しくてよかったですね。 スライムを目の前で作ってくれて、子供たちは大喜びだったのでは。 金銀プラチナの取リ出しに興味を示したのは大人たち? なんてこてとはないか(笑)。
2008/04/14(Mon) 06:16 | URL  | はるぼん #-[ 編集]
でも大変でした
e-158ハートママさん
でもポスターにしろ、プレゼンにしろ週末でも先生からやいのやいの言われうっとおしかったです。いつもなら2日もボランティアなんかしないんですけどね、またこれがいつもお世話になってる先生なの頼みで行ったわけです。でも結果は楽しかったのでよかったですv-218
2008/04/14(Mon) 14:26 | URL  | たかこ #erioLFTw[ 編集]
CAD Roboticsも行きたかった
130ぐらい学科があるんですけど学科ごとに競ってるんですよ。130の学科で大体プロジェクトは10-15あるんです。1300以上にプロジェクトをJudge(赤い服来た判定人)が全部見て周り(ご苦労なこった)学科のチャンピオンを決める。うちの学科のチェアマンも真剣で、勝ちたいからちゃんと説明するように皆を脅していました。たぶん勝つと色々ベネフィットがあるんでしょう。あとその分野の人も多く集まります。面白ければそれなりにスカウトされるので、皆真剣。楽しい学園祭とはちょっと違うけど、お気楽な私は来てくれた人と笑って話して楽しみました。2,3年後の次のOpen Houseでは2日かけてゆっくりと他の学科を堪能したいと思っています。
2008/04/14(Mon) 14:37 | URL  | たかこ #erioLFTw[ 編集]
すごいですね。予算確保とかも関係してくるとなると、ファカルティーの気合の入れ方も違うんでしょうね。まさに研究成果を発表する機会なんだと感心し、”へぇ~”と思わす声に出しながらたかこさんのコメ読んでました。日本の学園祭感覚とは全然違いますね。詳しい説明ありがとう。
2008/04/14(Mon) 15:52 | URL  | はるぼん #-[ 編集]
本当に来ればよかったのに
e-158はるぼんさん
今回はこれなかったみたいだけど、次は本当に大人も子供も楽しめるから、家族で遊びに行くといいよ。丸1日はゆっくり遊べる。じっくり見ると2日では足りないかも。
カイルも私も次は絶対行きますv-220
2008/04/14(Mon) 16:20 | URL  | たかこ #erioLFTw[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック