FC2ブログ
面白かった事、ペットの事、おいしい物の事などのたかこの日記です。
| Login |
2008年06月13日 (金) | 編集 |
今日の日記は痛いです(笑)
カナダに来る前は虫歯ゼロだったのに、来てからは本当に歯医者通い・・・2年前に歯茎の移植手術をした時は、ご飯が2週間ほど食べれずひどい目にあって、それなのにまた手術・・・
今回は以前の根の治療が成功せず、根のずっと奥の方が感染してるらしい。その上、根が折れていることも発覚根の治療の成功率は95%だから運悪くその5%に入ってしまったようだ。そのなかでいいニュースは歯を抜かなくても直せるらしい(インプラントとなると40万円は軽く飛ぶので、このニュースはうれしい)
どうやって治療するのか?今かぶせてるクラウンと、根の空洞に差し込んである2本のねじをとるのかなど色々疑問に思ったので聞いてみた。
そしたらクラウンはそのまま残してねじも外さないと言うから、じゃあどうやって根の治療するの?と聞き返したら・・・歯茎を切開して上側から根の奥を治療するとのこと。あ~、もう聞いただけで痛い・・・たぶん顔も痛そうだったのだろう、先生が「手術の間は麻酔で痛くないからね。手術は2時間ぐらいかかるかな」うぇ、2時間も~!それに麻酔が切れた後はどれだけ痛いと思ってんねんと後がどうなるか想像できるだけにどよ~ん

そして昨日行ってきました。4cmほど上の歯茎を切開しました・・・結構大きいですやっぱり二時間近くかかりましたね。治療中は脳まで響きました。歯科医用専門の顕微鏡を見ながら細かく手術してました。こちらの歯医者は日本みたいにタオルやゴーグルを顔につけないので見ようと思えばどんな器具を使うのかみんな見れます。気分悪くなったら嫌なのであまり見ませんでしたが、傷口を縫うときだけ先生に見ないようにと言われました。たぶん恐怖心で体が反応したら縫えないからでしょう。結局以前に根の治療をした奥歯の中の3つの根のうち2本が折れていて、そこの上その辺りが感染したみたいです。口の中は血の池地獄でしたふらふら。先生が傷口見たさに大きい口あけると傷口が開くので、興味があっても見ないようにと言われました。口が開かないのに、見られへんちゅうねん
カイルがやわらかいものを買ってきてくれました。
モンブランとかs1
濃厚プリンとかs2
それよりも口が痛くて開けれません・・・痛いです・・・でもお腹はすきます・・・でも食べれません。しばらくは餓えそうです。もう24時間経っていますが顔はまだボクサーのように腫れ上がっています。でも出血は止まりましたけど。

ちょっと気分を変えて、お花のお話。日本では桜の後は藤の花。マイミクさんやブログのお友達の日記から素晴らしい何百年とたった藤の花を遠くから楽しませてもらってます。バンクーバーでは藤の花はあまり見ない。でも時々どこかで見かけるけどどこだったか覚えてない。カイルのサイクリングにつき合わされてる時、人のおうちに植えてある藤の花を見つけました。花1
あまりにも小さいので、日本のと比べ物にならないのですが
やっぱりかわいい花です。ふじ
黄色い花は何の花か知りませんが
葡萄みたいな形をしていますはな1
それとうちの欄。2回目の花が咲き、5ヶ月ほどまた咲きつづけたあと
ついに枯れてきたので、らn1
肥料をやって今年はお休みさせて(ほぼ1年休みなしで咲き続けた為)ばっさり切って再来年咲かせようと思っていたら、なんと花の下のほうにまた3つニョキっと出てきました。
どこまで咲き続けるのか?らん2
本当にモンスター欄です!

スポーツもしばらく禁止なので、おかげで掃除もはかどりました(笑)
スポンサーサイト