FC2ブログ
面白かった事、ペットの事、おいしい物の事などのたかこの日記です。
| Login |
2008年01月05日 (土) | 編集 |
お友達のはるぼんさんが私のかいた絵を見てみたいというので、リクエストにお答えしてアップしてみました。油絵はお金がかかるのと面倒なので、時間のあるときに描くのは水彩画が多いです。カナダに来て次の年にジュエリーのアートスクールに入学する前にテストと、ポートフォリオ(今までのアートに関する作品を提出)の面接がありました。カナダには荷物になるので作品はあんまり持ってこなかったので、面接の前に3ヶ月ほど絵を描きまくり、いくつか提出しました。日本ぽいのも入れたかったので、鯉のぼりの絵を持って入ったのはいいけど、相手が知らないことをすっかり忘れてて、自分自身も鯉のぼりの由来など知るはずもなく、外人相手なので適当にごまかして説明したのを覚えています(笑)
鯉のぼりえ1
水彩画を描く人は色が薄く被写体がぼやけた感じが好きな人も入るけど、私ははっきりした色と被写体を描くのを好みます。
さくらえ2
桜とお寺だけでは物足りないので鳥を入れようと思い、鳥の写真を見るとなんか日本にはあんまりカラフルな鳥がいない。大学で水彩画をとっていた時に先生から絵を楽しくするにはいろいろ足せばいいと教わったので、青を入れたかったから、よその国に生息する鳥を描いた。どうせわかりゃしないだろうと思ったら、こんな鳥日本に入るんですかと聞かれた。ははは
サンドぺインティングえ4
まず紙の上に砂をかけますえ6
それから水を流して砂に模様をつけますえ7
そしてスプレイで色付けしてえ5
そしてその上から接着剤をスプレイし、え8
きらきら光るものやビーズ、リボンなどほかに足したいものがあれば、接着剤が乾く前につけます。
暗闇の中の太陽え9
面接の時には上ので出しましたが、え3
どちらからでも好きなように見てください。
水で作る砂模様が思い通りにならないところが面白かったです。
スポンサーサイト