面白かった事、ペットの事、おいしい物の事などのたかこの日記です。
ワシントン、オレゴンの旅 その1
2007年08月31日 (金) | 編集 |
前回の日記の返事が遅れてすみませんでした。5日間の旅から帰ってきました。いきなり30℃近くまで上がり旅をするには最適のお天気でした。

今回はワシントンコーストとオレゴンに行ってきました。太平洋側に出るのにシアトルなどを通っていくと入り江がU字になっている為、一旦南へ行ってからまた北に戻らなければならないので、今回は色んな島々を渡りながら太平洋にでてきました。
たくさんの島が橋でこんな感じでつながっています。T2

橋からの風景。結構高い橋が多かったです。T5

アナコーテスという古い港町。T1

かわいい建物もありました。T6
車の中のココ。T30
橋がかけられないところはフェリーが通っているのでフェリーに乗りました。
次はポートタウンセンドという港町到着!T7
かわいくて、見晴らしがよくて、美味しいレストランを見つけました。
ここのホームメイドのクラムチャウダーは絶品でした。T8

T10
写真は後ほど。
次の日、町を散策しT8

T7

T9

次の港町ポートアンジェルへ。T12

やっとホテル到着。犬はもちろんOKです。ホテルやほとんどのモーテルは犬は大丈夫。犬料金取られるところもあればただのところもあります。ホテルの部屋から見た風景。きれいでしょ?T13

T11

でももう夕方。温泉は?と私。カイルがここから山までで30分だからとのんきな返事。
オリンピック国立公園の中の山の1つに登り、温泉までの道からの眺めT14
駐車場に着いて温泉までそこから山道約4km歩かなくてはいけない事が発覚...インターネットでは3kmと書いてあったのに!T31

山道1kmはあるのとないのでは全然違う…普段はどってことないのだが着いた時間がもう6時過ぎ…日があるうちに山から下りれるぎりぎりの時間…行かないほうがいいのはわかっているがせっかくここまできて温泉に入れないのはもったいない。温泉は30分だけですぐ戻るという事で山に入った。犬禁止のサインを見てカイルは犬を連れて行けないキャンプ場は始めて見たと怒っていた。T15
もう誰も今から山に登らないので連れて行こうといったらまじめなカイルはいやだめって書いてあるからとココを車の中に残した。登り始めて思ったより足場は悪くなかなかすすめない。
T16

途中の川も橋がないところもあった。カイルは上のほうが足場がいいと言って上に少し登り川越。T17
この川が後で魔の川に…
私は足場が悪いので川の中から杖になるような木の枝を見つけた!
この杖が後から役に立とうとは。T21

カイルもいいの見つけたね、ちょっとかしてと杖をつかって歩いてました。T22
水戸黄門を歌いながら杖を突き私達は前へ進む。歩いて帰る人に後どれぐらい?と聞くとあと40分ぐらい。おかしい…もう45分ほど歩いているのでもうそろそろのはす…カイルは彼らは歩くのが遅いんだよと呑気なことを言っていたがそこからもっと足場がわるくなった。
T18

これは私達が渡った橋というか本当に丸太一本の橋。
流れも速く恐ろしい。T19

これはびびっているのではなくほとんど垂直の傾斜なんですよ。
足を踏み外すのが嫌なので慎重に。T20
clear="all">やったぁ!ここどこだと思います?
一時間半ちかくかかりやっと着いた天然の温泉!T23

ここには7つの天然温泉があります。T27

源泉は温泉の下からと崖から湧き出てます。T29

温泉に入れてシアワセ!
もうだんだん暗くなってきたが色んな温泉につかりながら他の旅人と話をしていた。カイルがマジで山を降りないといけないと言い出し、時計を見たらもうすでに一時間以上温泉場にいた。他の人はみんな山の中でキャンプしているので私達みたいに山を降りなくてもいい。逆に私達は山で寝泊りできる用意など何一つしていないので山を降りなければいけない。着替えてる間にもうすでに暗い。

カイルはマジな顔。9時になり、もう沈んだ夕日の残りでかすかに砂利道が見える程度。熊よけのベル持っていないのでずっとひとりでABC歌ったりアイウエオなど50音を言ってみたりしてた。本当に真っ暗になってきてあの水戸黄門の杖が足元を確認するのに役に立った。この杖本当は別にいらなかったのだが水戸黄門みたいで面白いとずっと持ってたのだ。カイルが突然「ああ神様、今夜は満月だ。これで山は何とか下りれる」と言った。カイルが指差す先には満月が。T24

まだ高く上っていないので下のほうだが足元はほんのかすかに見える。真っ暗闇の中の満月はほんとうにまぶしい。都会で育った私には満月の光に頼った事がないので、なぜか感動してしまった。でも足元はまだ暗い。この暗闇と満月のすごさを動画に撮ってみたかったので、「この暗闇動画で撮れるかなぁ、みんなにみせたいな」と言うとすごい低いトーンで「そんな暇あるなら歩くべきだ」といわれた…ちぇ、つまんないの。

橋も丸太もない川にやってきた。足元は見えない。後2,3時間待って、満月が真上に上がれば道はもっとよく見えるよどうする?待つ?今渡る?冗談じゃないあと2,3時間も待てるはずがない。私は暗闇でも渡ると決めた。来る時は上側が浅くて岩が見えていたので通ったが、この暗闇で足を踏み外すと困るので今度は下側を足元で探りながらゆっくり渡った。太ももまでの深さでよかったー!でも足元が悪いのでちょっと怖かった。二人ともびしょびしょ。

とっぷりと日が暮れてヘトヘトで駐車場に到着。後でカイルに聞いたら、もし満月じゃなかったら山は下りられてなかった。よかった寒い山の中で野宿せずにすんでと言っていた。カイルはキャンプのプロなのでまじで心配していたんだろう。私はおきらくな素人逆に楽しかったです。闇の中のハイキングはいい経験。でももう夕方以降は山には入りません。

小さい町なので夜遅くに開いてる店はなく夕飯抜きのはらぺこで就寝。ホテルは犬もOK見晴らし最高でルンルンだったのですが問題発生。夜中の12時に急にとても上品なでっかい半鐘の音。なりやまず夜中に起こされた私は「なんだぁ?」とプンプンカイルいわく12時だから12回つくよ…うるさいのなんのっておかげで目が覚めました。その後は疲れてるので気がつきませんでしたが、カイルは4時、4時半、5時、5時半、6時の半鐘の音で寝れなかったそうです。私が半の鐘?と聞くと30分ごとのは一回カーンと鳴るそうです(笑)この建物が眠れない原因の裁判所。T32
なんとホテルから1すじ向かい。近すぎてそりゃ寝れないわ。

次の日のホテルの朝食にビスケットアンドグレービーが!これはアメリカのカントリースタイルの朝食で脂が多く朝食にはヘビーなので今はほとんど見かけない。そんなにおいしいものでもないのですが、好きなので13年ぶりに食べました(笑)なんせ夕飯抜きの腹ペコ状態なら
何でも食べれます。三日目からは次の日記に続く...動画もあります

T25
スポンサーサイト
ワシントン、オレゴンの旅 その2
2007年09月01日 (土) | 編集 |
その2で終わると思っていたのですが終わりそうにありません。その3までお付き合いよろしくお願いします

脂ぎったビスケットアンドグレービーで元気を取り戻し、西へ向かいワシントン州最北西の町へ。そしてそこからワシントンコーストが始まり南下して行く。そうです三日目は海三昧です。
まず始めにルビービーチでストップ。眺めのいい広い海岸。c2

昨日もあんまり運動できなかったココが元気に一時間半走り回っていました。
空飛ぶココ。c4

波なんてへっちゃらさc6

c7

ずぶ濡れでも嬉しそう。c8

こけそうになり叫んでいる私の声は気にしないでください


そしてさらに南下してウェストポートへたくさんの人が船から魚を釣って持っておりてきてました。c9

小さい店が並びc10

c11
鮭の木彫りの前で記念撮影。インフォメーションの人が塩キャンディーが美味しいからお勧めよ!と言うので買いました。c12

色んな味があってどれもまずかったです。アメリカ人の味覚を信じた私が馬鹿だった(泣)
南下の途中、面白そうなビーチを見つけた。インフォのお姉さんが車では入れる海岸があるよと言っていたのでそれではないかと。カイルは無視して直進。ルビービーチで遊びすぎて時間が押しているらしい。でも私はどうしても行きたいといったらUターンしてそのビーチへしぶしぶ向かった。
当たりー!!ここがキャンプも出来て車で走れるビーチだった。c13

車で長い距離を走るのは最高に気持ちよかった。
こういう時の為の4WDである。c14

そこからさらに南下して州境の最西南のロングビーチへ。凧の大会があるのでたくさんの人で賑わっていた。c19
腹ペコでこの町に着いたので、すぐレストランへ。
魚介類を蒸すだけにしてほしいと頼んだのにバターとガーリックでソテーされたいつもなら突き返すのだがもう待てないぐらいお腹がすいていたので食べた。c20

かきも殻からご丁寧に外して、水で洗ってあった。生牡蠣は塩の味とレモンが美味しいのに水っぽい味c18
…本当に残念な夕食でもクラムチャウダーは美味しかった。
そして海岸へ。何とか夕日が沈むのをキャッチ。c30

その後、ホテルに行くとバスルームでダックがお出迎え。これで遊べと?c31

ココのベッドは二人のベッドの間に。c32

次の日の朝は灯台へ。灯台管理人が使っていた二件の家。c35

c36
150年たってるとは思えないほどきれい。25mほど先に二頭の鹿を発見。見えますか?c33

c34
灯台はまたこれが本当の崖の上。c40
約2キロだけどすごい傾斜(たぶん45度以上はあったと思う)の坂やハイキングコースを歩き到着。
登るのはちょっときつかったけど眺めは最高でした。c41

c39
ロングビーチの全貌
オレゴン州も見えました。c42

小鳥が枝に止まっていたのでパチッ。c48


これ木の根っこです。c38


町へ戻りランチ。c47
かわいいオウムがお出迎え。c46

そして昨日暗くて遊べなかったのでまたロングビーチへ。この海岸は何10キロもデッキ道が続いている。カリフォルニアの真似か?c45
なんと乗馬でビーチを散歩していた。c44
馬に乗りたくて行ってみたが30分待ってそれから乗馬は約50分時間がないのであきらめました。
このビーチの長さ(約35km)を動画でどうぞ。



その3コロンビア川を渡りオレゴンへに続く
アメリカへスキー旅行 Mt. Baker
2009年03月16日 (月) | 編集 |
朝の暗いうちから出発
Mt.Bakerが見えてきましたbaker
国境を渡りbaker
山がだんだん近くにbaker
マウントベイカースキーリゾートに到着~!baker
ものすごく天気がよく雪質もよかったですbaker
カイルはいつもスノボーなのに
今回はスキーbaker
スキーウェアーはこんな感じです。
天気がよすぎて眩しかったBaker
Smile!でもカイルはこのあと、スキー焼けで
顔が真っ赤になってましたbaker
ブレブレ。ちゃんと撮ってほしかったなbaker

私は中級、カイルは上級のコースを滑りますが、
最初は、私と一緒に中級コースへ
彼には簡単なので、わざわざコースをはずして、
くぼみを降りて上がってきます。
久しぶりのスキーにうれしそうなカイル



このあとはレベルが違いすぎるので、別々に滑ってました。
ものすごい谷間の狭い直滑降コースや
急斜面のこぶの上級者コースへ行くカイルを見て
かっこいいなぁと思いました。私もかっこよく滑りたいけど
一緒に上級のブラックダイアモンドを滑る事はないだろうなぁ

続く
ロッジでのアメリカンな朝食
2009年03月18日 (水) | 編集 |
ロッジのレストランには剥製がいっぱい。
ムース。ものすごい大きさでしたBF
野生のターキーBF
右からエルク、鹿、アンテロープ(Antelope)BF
Wolverineこんな小さいのに凶暴な性格で
熊とも戦いますBF
どれもリアルでちょっと怖かった

カイルは普通にビスケット、ベーコン、
卵とポテトの朝ごはん。こんなに量が多いから
アメリカ人って太るんだよねと言いながら
全部食べてましたよBF
私はアメリカでしか食べれないこの体に悪いグレイビー&ビスケット。
ビスケットは脂をいっぱい使ってるし、グレイビーも脂とクリームを含み
更にソーセージが入っているBF
ものすごいカロリーで、食べ物に気を使う私からは考えられない
食べ物なのですが、最近アメリカでも都会ではあまり見ない朝食。
(都会の人は健康に気を使うから・笑)でもせっかくだから田舎の
コテコテなアメリカンな朝ごはんをいただきましたが、
半分しか食べなかったのにやっぱり胃に来ましたよ・・・Š¾G

最初はまたちょっとだけ一緒に滑りました
ゴンドラも4人乗りなのに2人で占領<baker
今日もうれしそうbaker
まだ余裕のある私baker
カイルもここではまだスマイルbaker

しかしこの後、面白いコースがあるというので
ついていったのですが、途中で二手に分かれてて
ちょっと考え込むカイル。私はまだ滑ってないコースなので
とりあえずわからない。コースの地図を出すのも面倒だし
カイルに任せた。しばらく左右見ながら左を行くカイル
ここでなんか嫌な予感したんだよね~
けっこうきついこぶのコース。必死で、やっとこさ降りたら
そのむこうにはさらに崖っぷちのこぶƒ€ƒ€c
しゃれにならんわ~
これほんまにブルーコース(中級者)か?ってきいたら
ごめん、コース・・・間違えちゃったと言う
あほ~!何考えてんねん。ただでさえクイックターン
上手ちゃうのにこんな傾斜のきついこぶに連れて来てからに
と降りる間、ずっと文句を言う私“{&謝るカイルŠG•¶Žš–¼‚ð“ü―Í‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢

このあと予定より1時間も遅いランチ。
1杯1000円のビールを飲みながら(高いねリゾートは)
説教されるカイル・・・そしてこの後
二人は別々に滑ったことは言うまでもありませんね
続く
メキシカン・フード
2009年03月19日 (木) | 編集 |
帰るときがやってきました。
途中で、ほんとうに小さな町(村?)で夕食を食べましたMex
何故かこの人が町で1番目立ってたMex

カナダにはあまりないメキシカン料理。
アメリカに来るとカイルはメキシカンが食べたいと言いますMex
それより、これ以外のレストランはなかったような気がします
レストランの中はメキシコMex
コロナビールが吊ってありましたMex
赤唐辛子Mex
何のポーズですか?Mx
こういうファンキーな絵が
壁にいっぱい描かれてますMex
手作りサルサとチップス
美味しかったですよ~この手作りサルサ!Mex
バクリMex
ストロベリー・マルガリータ
何とかビールŠG•¶Žš–¼‚ð“ü―Í‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢(笑)Mex

おつまみにたのんだQuesadilla
量がすごい!Mex

メインにたのんだChicken Fajhita
これもアメリカンサイズですね(笑)Mex
こうやって巻いて食べますMex
満腹満腹
バンクーバーへ向けて出発Baker
帰りたくないなぁƒlƒRカイルも今度は1週間ぐらい
長いスキー旅行がいいと言っていました。
たぶんもっと滑りたかったのでしょう(笑)
スキーを楽しんで、おいしいものいっぱい食べて
とっても楽しい旅行でした。カイルちゃんƒlƒRjumee™thanks4
今回のお土産はMex
カイルはあまり他では売ってない
珍しいビールを‚a‚…‚…‚’いつも買います。
コロラド州で作ってるペールエール
カイルが好きなけっこう強い味のビールでした。
スモークチーズと無塩バター。これは安かったから(笑)
あとこのライムのチップス・・・香水食べてるみたいでした
一口でゴミ箱行き
ƒr[ƒOƒ‹‚Q私は留守番で、ちょっとも楽しくなかったですよKoko
知らない人の家は居心地がよくなかったです。
–ìŒû‚³‚ñごめんなぁ~ココちゃん、スキーには連れて行かれへんわ。
今度行くときもまたKimの家に泊まってもらうことになると思う
ƒr[ƒOƒ‹‚Q・・・ガ~ン
アメリカ シアトル 買い物編
2009年04月23日 (木) | 編集 |
連日のアップ・・・2週間も遅れてるので、必死です(笑)

シアトル&ワシントン州のその他の町へ行ってきました。
もうシアトルはアップしてるのですが、
今年お友達になった人もいるのでちょっと載せておきます
国境を越えアメリカ側へUSA
シアトルダウンタウン。
スペースニードルが見えますUSA

町も港もバンクーバーに似てますが
もっと大きいです。USA
パイクプレイスマーケットUSA
スパイスやUSA
シーフードUSA
マッシュルーム類USA
野菜や果物や花もたくさん売ってます。
シアトルに住んでいた時は、
高いのでここで買った事はありません。
手に入りにくいものだけここで買っていました。
ダウンタウンモノレール乗り場USA
ここからスペースニードルまで行けます。
スペースニードルあたりは見るところも
たくさんあるので、モノレールは便利です
ダウンタウン側はけっこう坂もきついですUSA
ボートハウス。映画でも有名ですよねUSA

USA
今回買ったものはセクシー系ブティックBebeの
イブニングドレスとカクテルドレスUSA
パーティーのお呼ばれがあるので購入。
お付き合いも大変です。ふぅ~
後は普段着系USA

しかし今回のお出かけのメインは買い物ではありません
ヒントここが目的地ですUSA
わかりにくいですね。次の日記に続く
アメリカ チューリップ畑 &水仙畑
2009年04月25日 (土) | 編集 |
ワシントン州では2箇所有名なチューリップ畑があります
マウント・バーノンヘ行ってきましたUSA
一番大きなチューリップ畑に到着IMG_9695.jpg
きれいですねUSA
畑の入り口にはオランダもどきの水車がUSA
かいるは、日本の国旗と桜が
撮りたかったようですUSA
今年は寒かったので、やっと咲き始めたみたい
いつもならこの時期一面がチューリップなんですけど・・・
お花少なくてちょっと残念USA

カイルは絶対まだ咲いてないと思っていたらしく、
ちょっとでもチューリップがあって
よかったぁといってました(笑)USA
USA

たら~んUSA
この畑、全部チューリップでうまったら
すごいだろうなぁUSA
USA

あまりにも広大なのでUSA
満開の時はこれに乗って見て回るんです
乗りたかった(笑)USA

水仙畑も行きましたUSA
ここも広かった。
お花がいっぱいあってうれしいUSA

帰りは小さい港町USA
La Connerというところに立ち寄りましたUSA
昔の灯台の跡地USA
海の見えるレストランでクラムチャウダーとUSA
Fish&Chipsを食べましたUSA
カイルちゃん連れて行ってくれて有難うUSA
楽しいプチ旅行でしたƒlƒRjumee™thanks4
Port Angeles
2009年09月02日 (水) | 編集 |
大きい旅客船が2艘とまってました


かもめがずっとフェリーについて来たので、Vic

かもめがついてくるよと言う私に、
あっそうと去っていく冷たいカイル(笑)


だんだん日も落ちて、夜になるとVic
船、ものすごく揺れました。海流のすごいところだったのか
何回もドンドンと船を突き上げる音。そして、
まっすぐ船の中を歩けないほど左右に揺れてました。
予定時間を大幅に遅れ、アメリカ側の
ポート・アンジェルスへ到着Vic

メキシカンを食べに行きましたが、

夜遅くのメキシカンは胃にこたえる・・・Vic
もう船でフラフラ(笑)すぐにホテルに帰って寝ました

ただいま旅の途中です。
コメントのお返事は帰ってきてからさせてもらいます。
予約更新してあるので、旅日記、読みに遊びに来てね。
Port Townsend
2009年09月04日 (金) | 編集 |
次はポート・タウンセンドに朝早く到着
ワシントン州の西側の港のうちのひとつ
カイルと私はここが好きなんです。
まだお店も開いていないので、
まずは要塞跡に行きました。PA

1909-1910に作られましたPA

みんな登ったりPA

銃で撃つまねとかして遊んでました。PT

中は真っ暗で気味が悪く、
戦争用の道具や爆弾を運んだあとが見れます.
あれ?でも可愛い子が覗いてます
座敷わらしか!?PT

本当は海の眺めがいいところなんだけど、
この日の朝はきりがすごくよい景色は見れませんでした

それから海岸沿いを歩き

丸太に乗ったり、貝殻拾ったりしながらPA
灯台へ到着
朝の散歩は楽しかったです

朝は霧がかかってたけど9時ごろにはもう晴天
ポートタウンセンドの町並みPT

青空がまぶしい
ここのダウンタウンは、アンティークとアートのお店お
レストランがほとんどです。


そしてあの、人生の中で1番美味しかった
クラムチャウダーがあるお目当てのレストラン
SirensへPT

でもね~12時から開店。
12時半にはここを離れないといけないので
食べれずじまい・・・
仕方がないので違うお店へ。
ファンキーなレストランで、期待して
クラムチャウダー頼んだんですけど、普通でした。
あ~Sirens で食べたかった

ここは大好きな町なので、またクラムチャウダーと
アートを買いに来ると思います。
そして次はキングストンへ移動です。

ただいま旅の途中です。
コメントのお返事は帰ってきてからさせてもらいます。
予約更新してあるので、旅日記、読みに遊びに来てね。
Kingstone
2009年09月06日 (日) | 編集 |
キングストンに到着。
本当に小さい港町
公園でマーケット発見PT

お母さんと一緒に見て回りましたKingstone

これは古くなったグラス食器で作った庭飾りです。
日本の庭じゃあ邪魔になる1品(笑)
でもこれを飾るの好みが、わからないなPT

これは本格的なままごと用キッチンセット
贅沢なおもちゃですねKingstone

暑かったのでレモネードですっきり
おじさんが目の前で絞ってくれますKingstone

また船に乗り今度はシアトルに北側へPT

今回乗った船はどれも大きい船でしたKingstone


シアトルが見えてきました。
見えるかな?Kingstone

シアトル到着ですKingstone


もうすぐ帰りますので、お返事はもう少し待ってね。
Seattle & Bellingham
2009年09月07日 (月) | 編集 |
ダラスの妹達とはここでお別れ。
私達はシアトルでエアーショウ見てシアトル

シアトル

北の町ででショッピング。本当に珍しく何も買いませんでした。
何もいいものがなかった。外のモールなので、暑かった!シアトル

カイルの両親が、せっかくだからベーリングハムに寄って
美味しいものを食べて帰ろうというので行くことにベーリングハム

ダウンタウンシアトル

この町は西ワシントン州立大学のあるので
大学と漁港で有名ですシアトル

ここのレストランが美味しいと言う二人ベーリングハム

ワシントンへ行けば生牡蠣
いろんな種類の生牡蠣を注文
このほうれん草のサラダフルーツのドレッシングが
とっても美味しかったですシアトル

クラムチャウダーも美味しかったシアトル

マヒマヒのラップシアトル

ロックフィッシュのケジュン風味シアトル

シーフードのリゾットも注文
どれも美味しかったです

パティオからのながめもすばらしかったですシアトル

時間を気にせず、ゆっくり落ち着いて食べる夕食はいいですね
いろんな所に行き過ぎた(笑)
長旅も終わり、バンクーバーへ車を走らせました。シアトル
楽しかったですが、本当に忙しい旅でした。

P.S.
ココちゃんは暑すぎて、連れて行けず、
近所のKimのおうちでお世話になりました。
彼女は猫にリードをつけて散歩するので、
ココと猫と一緒に散歩に行ってたらしいです。
(ココは猫が大丈夫なわんこです)
近所でまた一段と有名になったみたい(笑)
ワシントン、オレゴンの旅 バンクーバー編
2010年05月11日 (火) | 編集 |
ただいま~!事故もなく無事に帰ってきました
走行距離は、2450kmでした。
結構走りましたね。

まずは国境を通り(ここが1番時間がかかるの)たび

シアトルは住んでいたところなので、素通り。
見飽きた(笑)

で、ワシントン州の1番南の町、
バンクーバー市に到着(そう、同じ名前なの・笑)
バンクーバーからバンクーバーまで7時間ほどでした。
ちょうどネットフリー、犬OKのホテルがあったので
ここで1泊することにしました。

おなかがすいたので、ご飯を食べにダウンタウンへ。
ホテルから歩いて2ブロックでもうダウンタウンWA

ちょっと歴史のありそうな建物。WA

公園の時計台WA

ココは銅像が怖いみたい(笑)WA


とっても小さな町。WA

橋を渡れば、大都会のポートランドなので、
発展する必要もないのかもWA

レストランも大して美味しそうな物がなく
とりあえずご飯が食べたかったので
チャイニーズレストランへ
ココちゃんは外でおとなしく待ってます。WA

初日は、雨と強風の中の長いドライブだったので
速攻でベッドに。とっても疲れました
ワシントン州 バンクーバー 2 要塞
2010年06月11日 (金) | 編集 |
真夜中にポートランドを抜けワシントン州へ
泊まるところは、この間と同じ
バンクーバー市のホテル。

この町はみんな気になってるんだけど
ポートランドに行ってしまうので、知らない人が多い。

なんか観光するところはあるだろうと
次の日は、朝1番からこの町を散策
地元のコーヒー屋の親父に聞いたり、
ネットでも調べて、観光してきました。

まずはバンクーバーの要塞。OR

この要塞は最初は軍目的で作られていなくて
商業用の要塞だったらしいです。OR

家の裏の建物は厨房になっており
昔の台所で、おばあちゃんが実際
パンを焼いたり、スープを作ったりしてましたOR

匂いをかがせてくれた。
食べさせてほしかった(笑)OR

どんだけ深い井戸?OR

加治屋さんが、蹄鉄からハンマー作ってましたOR

いろんな種類の道具がありますOR


イギリス庭園OR

ここでお花植えたり、
農作物を耕してたそうですOR

小鳥さんが虫を捕まえた様子OR

やっぱりなんかくわえてるOR

バンクーバーの観光、まだまだ続きます。
ワシントン州 バンクーバー 3 飛行機博物館
2010年06月14日 (月) | 編集 |
飛行機博物館はシアトルにもありますが、
シアトルのはいろんなタイプの飛行機がありますが
ピアソンは軍用機の飛行機会社なので
軍用機専門の博物館でした。OR

IMG_0721-.jpg

飛行機の下も見てみたかったの_B.jpg


うちのお父さん連れてきたら喜ぶところかな
飛行機好きだしいろんな機種知ってるしOR

私にはちんぷんかんぷんですOR

アンティークカメラOR


これらのカメラで撮った写真も
いっぱい飾ってありましたIMG_0758-.jpg

博物館の横には本物の飛行場。
OR

すぐそばまでいけるので、
ココちゃんとお散歩がてら見に行きました
小型飛行機がたくさん飛んでました。OR

飛行機のこと知らなくても、
それなりに楽しかったです飛行機
ワシントン州 州都 オリンピア1
2010年06月18日 (金) | 編集 |
バンクーバーに向かって北上。
久しぶりにワシントン州の州都オリンピアに
行きたくなって、寄り道。OR
池の周りは公園になってて、もちろん散歩
IMG_0824.jpg


そして海岸へオリンピア

ちょうどマーケットが開催されてましたオリンピア

ひともいっぱいオリンピア

これはお香みたいなもので
いろんな匂いがあります
アロマセラピーっぽくみんな使ってますオリンピア

バンドで音楽も聴けたしオリンピア

こういうの好きなんですけど
実用的でないので、購入せずオリンピア

美味しそう~!
でもちょっと行きたいところがあるから
ここで食べるのは我慢我慢オリンピア

街中へ続く