FC2ブログ
面白かった事、ペットの事、おいしい物の事などのたかこの日記です。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
| Login |
2007年08月31日 (金) | 編集 |
前回の日記の返事が遅れてすみませんでした。5日間の旅から帰ってきました。いきなり30℃近くまで上がり旅をするには最適のお天気でした。

今回はワシントンコーストとオレゴンに行ってきました。太平洋側に出るのにシアトルなどを通っていくと入り江がU字になっている為、一旦南へ行ってからまた北に戻らなければならないので、今回は色んな島々を渡りながら太平洋にでてきました。
たくさんの島が橋でこんな感じでつながっています。T2

橋からの風景。結構高い橋が多かったです。T5

アナコーテスという古い港町。T1

かわいい建物もありました。T6
車の中のココ。T30
橋がかけられないところはフェリーが通っているのでフェリーに乗りました。
次はポートタウンセンドという港町到着!T7
かわいくて、見晴らしがよくて、美味しいレストランを見つけました。
ここのホームメイドのクラムチャウダーは絶品でした。T8

T10
写真は後ほど。
次の日、町を散策しT8

T7

T9

次の港町ポートアンジェルへ。T12

やっとホテル到着。犬はもちろんOKです。ホテルやほとんどのモーテルは犬は大丈夫。犬料金取られるところもあればただのところもあります。ホテルの部屋から見た風景。きれいでしょ?T13

T11

でももう夕方。温泉は?と私。カイルがここから山までで30分だからとのんきな返事。
オリンピック国立公園の中の山の1つに登り、温泉までの道からの眺めT14
駐車場に着いて温泉までそこから山道約4km歩かなくてはいけない事が発覚...インターネットでは3kmと書いてあったのに!T31

山道1kmはあるのとないのでは全然違う…普段はどってことないのだが着いた時間がもう6時過ぎ…日があるうちに山から下りれるぎりぎりの時間…行かないほうがいいのはわかっているがせっかくここまできて温泉に入れないのはもったいない。温泉は30分だけですぐ戻るという事で山に入った。犬禁止のサインを見てカイルは犬を連れて行けないキャンプ場は始めて見たと怒っていた。T15
もう誰も今から山に登らないので連れて行こうといったらまじめなカイルはいやだめって書いてあるからとココを車の中に残した。登り始めて思ったより足場は悪くなかなかすすめない。
T16

途中の川も橋がないところもあった。カイルは上のほうが足場がいいと言って上に少し登り川越。T17
この川が後で魔の川に…
私は足場が悪いので川の中から杖になるような木の枝を見つけた!
この杖が後から役に立とうとは。T21

カイルもいいの見つけたね、ちょっとかしてと杖をつかって歩いてました。T22
水戸黄門を歌いながら杖を突き私達は前へ進む。歩いて帰る人に後どれぐらい?と聞くとあと40分ぐらい。おかしい…もう45分ほど歩いているのでもうそろそろのはす…カイルは彼らは歩くのが遅いんだよと呑気なことを言っていたがそこからもっと足場がわるくなった。
T18

これは私達が渡った橋というか本当に丸太一本の橋。
流れも速く恐ろしい。T19

これはびびっているのではなくほとんど垂直の傾斜なんですよ。
足を踏み外すのが嫌なので慎重に。T20
clear="all">やったぁ!ここどこだと思います?
一時間半ちかくかかりやっと着いた天然の温泉!T23

ここには7つの天然温泉があります。T27

源泉は温泉の下からと崖から湧き出てます。T29

温泉に入れてシアワセ!
もうだんだん暗くなってきたが色んな温泉につかりながら他の旅人と話をしていた。カイルがマジで山を降りないといけないと言い出し、時計を見たらもうすでに一時間以上温泉場にいた。他の人はみんな山の中でキャンプしているので私達みたいに山を降りなくてもいい。逆に私達は山で寝泊りできる用意など何一つしていないので山を降りなければいけない。着替えてる間にもうすでに暗い。

カイルはマジな顔。9時になり、もう沈んだ夕日の残りでかすかに砂利道が見える程度。熊よけのベル持っていないのでずっとひとりでABC歌ったりアイウエオなど50音を言ってみたりしてた。本当に真っ暗になってきてあの水戸黄門の杖が足元を確認するのに役に立った。この杖本当は別にいらなかったのだが水戸黄門みたいで面白いとずっと持ってたのだ。カイルが突然「ああ神様、今夜は満月だ。これで山は何とか下りれる」と言った。カイルが指差す先には満月が。T24

まだ高く上っていないので下のほうだが足元はほんのかすかに見える。真っ暗闇の中の満月はほんとうにまぶしい。都会で育った私には満月の光に頼った事がないので、なぜか感動してしまった。でも足元はまだ暗い。この暗闇と満月のすごさを動画に撮ってみたかったので、「この暗闇動画で撮れるかなぁ、みんなにみせたいな」と言うとすごい低いトーンで「そんな暇あるなら歩くべきだ」といわれた…ちぇ、つまんないの。

橋も丸太もない川にやってきた。足元は見えない。後2,3時間待って、満月が真上に上がれば道はもっとよく見えるよどうする?待つ?今渡る?冗談じゃないあと2,3時間も待てるはずがない。私は暗闇でも渡ると決めた。来る時は上側が浅くて岩が見えていたので通ったが、この暗闇で足を踏み外すと困るので今度は下側を足元で探りながらゆっくり渡った。太ももまでの深さでよかったー!でも足元が悪いのでちょっと怖かった。二人ともびしょびしょ。

とっぷりと日が暮れてヘトヘトで駐車場に到着。後でカイルに聞いたら、もし満月じゃなかったら山は下りられてなかった。よかった寒い山の中で野宿せずにすんでと言っていた。カイルはキャンプのプロなのでまじで心配していたんだろう。私はおきらくな素人逆に楽しかったです。闇の中のハイキングはいい経験。でももう夕方以降は山には入りません。

小さい町なので夜遅くに開いてる店はなく夕飯抜きのはらぺこで就寝。ホテルは犬もOK見晴らし最高でルンルンだったのですが問題発生。夜中の12時に急にとても上品なでっかい半鐘の音。なりやまず夜中に起こされた私は「なんだぁ?」とプンプンカイルいわく12時だから12回つくよ…うるさいのなんのっておかげで目が覚めました。その後は疲れてるので気がつきませんでしたが、カイルは4時、4時半、5時、5時半、6時の半鐘の音で寝れなかったそうです。私が半の鐘?と聞くと30分ごとのは一回カーンと鳴るそうです(笑)この建物が眠れない原因の裁判所。T32
なんとホテルから1すじ向かい。近すぎてそりゃ寝れないわ。

次の日のホテルの朝食にビスケットアンドグレービーが!これはアメリカのカントリースタイルの朝食で脂が多く朝食にはヘビーなので今はほとんど見かけない。そんなにおいしいものでもないのですが、好きなので13年ぶりに食べました(笑)なんせ夕飯抜きの腹ペコ状態なら
何でも食べれます。三日目からは次の日記に続く...動画もあります

T25
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
随分の冒険旅行でしたね。ほとんど垂直の傾斜の道を
よく帰ってこられましたね。ココちゃんは行かなくて
よかったです。でも、待ちくたびれたことでしょう。
2007/08/31(Fri) 03:48 | URL  | 茶々ママ #2YkvWYJI[ 編集]
ハラハラ
 読んでてドキドキしちゃいました。
とにかく、無事に帰ってこられて良かったですね。
暗くなってからだと舗装された道でも怖いのに、山と川の中を歩くのは大変だったでしょうね。
 ココちゃんは一人お留守番・・・
ずるい~、と思っていたかしら?

 写真がみんな綺麗で、まるで私まで旅行に連れてきてもらった気分です。v-10
2007/08/31(Fri) 07:14 | URL  | にょろ子 #-[ 編集]
素敵な街並み~って見てたら途中から探検旅行のような感じになっててびっくりです!!
時間がないと言いつつも7つ全部に浸かったんですね(笑)
無事に下山出来てよかったです(^^)
ココちゃん待ちくたびれちゃったかな??
2007/08/31(Fri) 07:21 | URL  | rin #RS4k0RpE[ 編集]
茶々ママさん
本当にどうやって帰れたのかあんまり覚えてないんです。
ココは野宿するなら暖かいから連れて行ったほうがよかったけど、
暗闇のハイキングは連れて行かなくてよかったです。
2007/08/31(Fri) 07:59 | URL  | Takako #erioLFTw[ 編集]
ハラハラドキドキ。
そして、TKOさんのセクシーショットに
赤面キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー

でも、楽しそうでいいなぁ~。
いつか、行きたい。まじな話(NAOZOさんちっくに)
2007/08/31(Fri) 07:59 | URL  | ゆうこりん #euJW.Em2[ 編集]
にょろ子さん
カイルの私も軽装で、バックパックすら背負ってなくて
v-506はボストンバッグ持ちながらの下山はさぞ邪魔だったと思います。
私は水戸黄門係でしたから、彼よりましでした。
その日のココは十分な運動が出来なかったので次の日すごかったです。
2007/08/31(Fri) 08:04 | URL  | Takako #erioLFTw[ 編集]
Rinさん
実際には6つ入りました。7つ目に行こうとしてカイルに停められました(笑)
成分は同じだと思うんですが、熱さと大きさと深さが違いました。
最後の1つ入りたかったんですけどね…残念だ
ココは運動不足で次のキレたように走っていました。
動画も撮ったのでまた見てやってください。
2007/08/31(Fri) 08:09 | URL  | Takako #erioLFTw[ 編集]
ゆうこりんさん
そう?セクシー?そんなこと言われないのでなんかうれしいわ!
昔に比べて私もアウトドア的事が好きになったなぁ。
山登りしてまで温泉行くんだったら飛行機乗ってパリで買物派だったのにね。
裕子ちゃん一家はいつかここに来るでしょう。待ってまーす。
2007/08/31(Fri) 08:17 | URL  | Takako #erioLFTw[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック